彼氏に贈るクリスマスプレゼントについて

手袋ってもらって嬉しいのですが、無くすのが怖い男性多いです。

また、冬の時期しか使えないのでもしかしたら避けるべきアイテムの可能性も。

手袋も送り方次第で素晴らしプレゼントになる

彼氏へのプレゼントで迷うところ

一般的に、女性が自分の彼氏にクリスマスプレゼントを贈るのは、それほど難しいことではないと言われます。まあこれは、男性が自分の彼女へのクリスマスプレゼントにどんなものを選んだらよいかという難しさに比べれば、確かに女性の場合はそこまで難しくないのかな、という気がしないではないですが、しかし、だからと言って何も考えなくもてよいというわけではありません。

男性の場合、もちろん身のまわりのことをしっかりと整理整頓することができる人もいますが、あまりそういう細かいことが得意とは言えない男性はかなり多いといえます。また、女性は男性のそういうところに惹かれたりもするものですが、ただ、整理整頓できないタイプの男性の場合、たとえばクリスマスプレゼントで彼氏に贈ったものを、何かの拍子になくしてしまったなどということになると、これはちょっと女性としては悲しいことになります。

また、クリスマスプレゼントというのは、どちらかというと小物が多いですから、比較的なくなりやすいものが多く採用されます。女性としては、意外とこのあたりのことが、彼氏に贈るクリスマスプレゼントの決定を悩まされるところであるといえるかもしれません。

時期的に手袋はベターだけど・・・

クリスマスというと、北半球に属する日本の場合、当然1年でも一番寒い時期ですから、彼氏へのクリスマスプレゼントとしては、ウェア関連がかなり注目されることになります。特に、デートのときに彼氏と手をつなぐとき、手袋をしていない彼氏の素肌の冷たさが、手袋をしている自分の手にまで伝わってくることを思うと、やはり女性としては、彼氏に手袋をプレゼントしてあげたくなるという気持ちにもなるでしょう。

そういった意味では、クリスマスプレゼントに手袋をチョイスするという発想は、ベストとは言いませんが、確実にベターという選択にはなるはずです。ところが、彼氏があまり整理整頓できない男性だったり、よくものをなくしてしまう男性だったりという、まあよくいるタイプの男性であるというケースでは、プレゼントする女性のほうも正直手袋を選ぶことに逡巡するのではないでしょうか。

実際、手袋である以上は冬物ですから、色やデザインに関しても、それほど目立ちやすいということはあり得ませんので、どうしても彼氏がなくしやすい条件として合致してしまうことになります。そして、冬物である以上は、手袋は期間限定で装着するアイテムということになります。1年中装着しているならまだしも、春になったらもう装着しないわけですから、どこかにしまいこんだままそのまま出てこなくなってしまったということも十分想定されるのが手袋のデメリットになってしまうのではないでしょうか。

なくされてもよいという位置づけで手袋をプレゼントする

ということで、彼氏にプレゼントする以上は、ある程度なくされてしまうということを想定してプレゼントするというのが、手袋をチョイスした場合のプレゼントの仕方ということが言えるのではないでしょうか。

もちろん、彼女としては、せっかくのクリスマスプレゼントをなくされてしまうというのは悲しいことですが、しかし、別のメインとなるクリスマスプレゼントに添えて、手袋をプレゼントしてあげるという考え方なら、彼氏もきっと喜んでくれるはずですし、なくさないようにしようと考えてもくれるはずです。

なぜなら、手袋がメインのクリスマスプレゼントに添えられていたということから、自分の手が冷たいだろうということを彼女が気遣ってくれているということに、いくら鈍い男性であっても気づかないはずがないからです。

つまり、この場合、手袋単独でクリスマスプレゼントとする以上に、彼氏にとっては彼女のやさしさを感じるプレゼントのされ方でもあるのです。彼女としては、なくされてもよいというスタンスで買ってあげた手袋であっても、逆に彼氏からすれば、こんなに優しい彼女がプレゼントしてくれた手袋をそう簡単になくしてしまうわけにはいかないのです。

このように、プレゼントの仕方次第では、いろいろな意味で相乗効果を生みますので、手袋という、どちらかといえば地味なタイプのクリスマスプレゼントでも、カップルとしての関係性を良化させることも可能なシチュエーションをつくることは十分できるのです。

↑ PAGE TOP