高級ブランドのお菓子ならふたりで楽しめる

高級お菓子をクリスマスプレゼントにしてオシャレ感アップ!

残るものより思い出派の彼、甘いものが好きな彼にピッタリ

甘いものが好きな彼氏はもちろん、そうでない彼氏にも贈りたい

彼氏+自分という考え方で選ぶクリスマスプレゼント

クリスマスプレゼントを選ぶことというのは、男性にとっても女性にとっても、けっこう難しい部分があるといえます。ただ、せっかくの楽しいクリスマスの雰囲気をぶち壊してしまうくらいに悩んでしまうのも、本末転倒であるという気がしないでもありません。特に、こうしたイベントのときには、女性が明るい気持ちで臨まないと雰囲気が悪くなってしまうものですから、女性が彼氏にクリスマスプレゼントを選ぶときには、あまり深刻にならないでいただきたいという気もします。

ということで、どうしても彼氏へのクリスマスプレゼントを選ぶことができないという女性におすすめなのは、彼氏だけでなく、自分も一緒に楽しむことができるようなアイテムを用意して、カップルふたりで楽しむということもひとつの選択肢になるのではないかという気がします。

そういうシーンにふさわしいクリスマスプレゼントのひとつが、女性ならみんなが大好きな、お菓子です。

高級ブランドのお菓子は男性からの評価も高い

お菓子をプレゼントして、ふたりでおいしくいただくという考え方は、女性らしいクリスマスプレゼントであるということで、非常によいアイディアであると思います。ただし、それがなかなかうまくいかないケースもあります。それは、彼氏が甘いものを好まないというケースです。

甘いものが好きだという彼氏であれば、お菓子をプレゼントすれば、とても喜んでくれるはずです。ですから、迷ったときには迷わず(?)舵を切ることができるわけですが、問題なのは、彼氏が甘いものを好まないというときに、あえて甘いお菓子をプレゼントするというのは正直無理があるのではないかというところです。

しかし、試してみる価値はあります。なぜなら、彼氏が甘いもの好まないからこそ、お菓子の新たなおいしさや魅力を知るチャンスにもなるからです。どういうことかというと、彼氏が甘いものを好きでない以上、これまでお菓子自体をそれほど食べてこなかったわけですから、当然高いお金を払って高級ブランドのお菓子を食べているとは考えられません。

ところが、多くのお菓子好きの女性ならすでにご存知のとおり、高級ブランドのお菓子というのは、単なる甘いモノという認識とは大きくかけ離れた世界観のあるお菓子です。それゆえ、高級ブランドのお菓子を食べたことがない可能性が高い彼氏が、今まで味わったことがないおいしさに出会うことができる可能性にもつながるのです。

そうなったときには、ふたりでおいしいお菓子を楽しく食べることができるに違いないでしょう。

こんなお菓子がオススメ

高級ブランドのお菓子にも、種類はいろいろあります。女性にとっては得意分野のお話になるかとは思いますが、いちおうおさらいという形で、高級ブランドのお菓子をご紹介してみたいと思います。

高級ブランドのお菓子というと、どうしても洋菓子のほうにイメージが行きがちになりますし、また、クリスマスというシチュエーションを考えても、やはりクリスマスプレゼントには洋菓子のほうがよいという気がします。さすがにクリスマスイヴの雰囲気ある中で、カップルそろってまんじゅうやダンゴに食らいついているというのも、まあ悪くはないでしょうが、少々違和感があるというのが本音です。

ということで、洋菓子にターゲットを絞ってお話していきたいと思いますが、挙げればキリがないということで、洋菓子の代表である、焼き菓子とチョコレート、そしてキャンディー類という3種類にターゲットを絞り込んで、それぞれピックアップしていきたいと思います。

あと、クリスマスなので、ケーキは当然登場するものとは思いますが、ここではケーキについては除外して考えます。

高級ブランドの焼き菓子

洋菓子で、しかも焼き菓子というと、バウムクーヘンが真っ先に思い浮かぶのではないでしょうか。デザイン的にも風味的にも、いかにもクリスマスに合っているという印象もあるのですが、いかがでしょうか。

バウムクーヘンの人気高級ブランドというと、ねんりん家やオーヴォンビュータン、ショコラ・ドュ・アッシュ、ホレンディッシェ、そしてモロゾフといったところが有名です。多少高価であることは間違いないですが、ハズレがないという意味では、かなりおすすめなブランドであるといえます。

もちろん、焼き菓子といえばクッキーなどもおすすめではありますが、クリスマスによりふさわしいという意味で、ここではバウムクーヘンのほうをオススメしたいと思います。

高級ブランドのチョコレート

クリスマスの場合、チョコレートケーキを食べる機会にも恵まれるかもしれませんが、チョコレートとチョコレートケーキとはまた別モノという印象もあります。甘いものが好きであるという彼氏へのプレゼントであれば、間違いなくヒットということになるでしょう。

ただ、甘いものがあまり好きではないという彼氏にとっては、チョコレートケーキを食った後にまたチョコレートかよ!ということになってしまわないとも限らないので、ここは少し変化球を交えてみたいと思います。クリスマスには、あえてつめたいチョコアイスなどはいかがでしょうか?

チョコアイスの場合、基本的にはチョコレートのブランドで絞っていけば、チョコアイスも見つけることができるはずなので、チョコアイスのブランド選定についても、そこまで難しくはならないと思います。

高級ブランドのキャンディー類

キャンディーというと、洋菓子を代表するお菓子のひとつですし、また、クリスマスプレゼントのサイドメニュー的な存在感を長年にわたって示し続けている名わき役というイメージもありますが、しかし、キャンディー類が主役になるとき、非常に強い高級感が生まれるという意味で、これは意外とクリスマスプレゼントにはおすすめです。

もちろん甘いモノが好きな彼氏であれば大歓迎でしょうし、甘いものが好きではないという彼氏であっても、意外とキャンディー類については特別措置を発動して、けっこう好きと言ってくれる男性も多いように感じられます。

そしてもうひとつ、高級ブランドのキャンディーというと、もちろん欧米圏のブランドもおなじみですが、日本独自のレシピを駆使した、国内の高級ブランドもかなりおすすめだったりするのです。

日本の高級ブランドといって真っ先に思い浮かぶのが、北海道の花畑牧場生キャラメルではないでしょうか。かつて一大ブームを巻き起こした超有名ブランドの生キャラメルですが、あの口どけとミルクの風味は、一度口にするとほんとうに中毒性の高い、けっこう罪深いおいしさだったりします。

そしてもうひとつ、同じ北海道の高級ブランドとして知られる、バター飴などもかなりおすすめです。生キャラメルに関しては、クリスマスに見合ったかわいらしいデザインですが、バター飴の場合、豪快なパッケージで、高級感という意味では非常に強く感じられるキャンディーです。もちろん、ミルクが好きな人であれば、味に関しても間違いないところです。

お菓子というだけで、選択肢は無限に広がることになるわけですが、クリスマスプレゼントとしてのお菓子を探す楽しみも大きいジャンルであると思います。女性にとっては、楽しみながら彼氏へのプレゼントを探すことができるというメリットも付加価値として加わるわけです。

↑ PAGE TOP