彼氏・男性へのクリスマスプレゼントランキング

クリスマスプレゼントを選ぶならpreelで!2013年のクリスマスプレゼントにぴったりなアイテムを紹介しています!

手作りの物や低予算のものからちょっとリッチなブランドものまで

彼氏への一押しクリスマスプレゼントはCMDのボクサーパンツ

実は下着ってネクタイ、マフラー、手袋よりも喜ばれるアイテムなのです!

ネクタイ、マフラーってデザインが気に入らなくてもつけなきゃって思うし、

手袋って無くしたらお互いに申し訳ない気分でいっぱいになるし…

そんな悩みを解決してくれるのが、オシャレなボクサーパンツ

下着に気を使ってる男性って少ないから、意外とすんなり喜んで穿いちゃいます!

最近のおしゃれな下着は下ネタっぽい雰囲気はあまりなく、ファッションアイテムって感じです。



下着に興味を持ってもらうことは女性にとってもプラスに!

日本の男性は特に女性と違い、下着に無頓着な人多いのですが、

下着をきっかけにパートナーに思いやりを持てるようになったり、

親密なコミュニケーションが取れるようになったりするみたいです。

嘘っ? って思いますか? でも本当なのです・・・。

日本の男性って本当に下着に無頓着なんです。

女性が、カワイイ下着を何で着ているのかも実は全く理解していません。

勝負下着?Tバック? え? 今日やる気満々なの!?みたいな幼稚な思考回路です。

そこで・・・オシャレな下着をプレゼントすることによって、

下着もオシャレするものなんだ!結構いいかも!という体験をプレゼントしてあげてください!



下着をプレゼントして喜んでくれる男性の特徴は?

 冬乾燥するとリップを使う。化粧水とか持ってたりする。

 
 ファッションが好き。髪を染めているとか、実は眉毛を整えてる。

 
 甘いものを好きだったり実は女性が好きなものに興味を持っている。

 

1つでも当てはまっていればかなり喜ばれる可能性が高いです!!

男性にとって下着は思ったよりも、身だしなみの感覚に近いです。

パンツ一丁で格好良いか、格好悪いか。

彼に穿いてもらって、「かっこいいじゃーん」とか言うとまんざらでもない顔をしてくれます(笑)

特徴をさらに詳しくまとめたのはこちらから→下着を喜んでくれる彼の特徴



彼氏に下着をプレゼントをする事によってこんなプラスなことも!

これプレゼントがきっかけになって、

彼の好みの下着なんか聞けたり、一緒に買いに行ったりできるかもしれません。

下着に気を使ってる女性は多いですけど、

彼氏の下着の好み知らない女性って意外と多いですよね!

あなたもですか?実は私もそうでした(笑)

ぜひ下着プレゼント作戦を使ってみてくださいね!

追記:実際に購入した商品が届いたのでUPしました!画像有り→購入画像のページへ

  • 下着を喜んでくれる彼の特徴
  • 喜ばれる理由をマンガで解説
  • 実際購入してみました(画像)



  • 男性へのクリスマスプレゼントはやっぱり難しい?

    まず相手に喜ばれる贈り物の選択として無難なのは、その人が普段から話題にしていて、好きな物であることが間違いない物です。 相手としては、自分との会話をよく覚えていてくれたことも嬉しく思うものです。 しかし、難易度を上げてサプライズを仕掛けることで、相手をもっと喜ばせることも出来ます。 普段、相手が話題にはしないが、こんな趣味、趣向をもっていることを知っている場合に、それに関する物を贈るのです。 相手は話したこともない自分の趣味に関する物を贈られれば、驚きとともに、自分のことをよく見てくれていることに感激するはずです。 ただし、この贈り物は難易度が高くなります。 仮に相手の語らざる趣味を知っていたとしても、往々にしてそのような趣味はマニアックであり、女性には知識、理解が無いものが多いのです。 だからこそ、相手も普段はその趣味を語らないのです。そのような物の希少性、プレミアムを調べることが出来たなら、最高の贈り物となるでしょう。

    趣味の物を買うの非常に難易度が高い・・・!

    まず最初に男性へのクリスマスプレゼントは、誰しもが喜ぶ鉄板というのは無いと思います。 さらに相手のタイプや交際期間によって贈る物もがらっと変わってくると思います、私ですと、例えば1年目のクリスマスだったら仕事用にも使える安価なネクタイやカフスなどでも嬉しいです。 また交際期間が長くなったら、長く使える様な物を贈って貰えるといいなと思います。 共通して言えるのは身につけたり、普段から持ち歩く物が比較的喜ばれます、だからと言って1年目にブランド品の財布、時計などを頂くと、私などは気劣りしてしまいます。 やはり贈り物の際は相手のタイプや好みを知る事が一番大事です、普段から相手の事をどれだけ気にしているかが試される機会ですね。 難しいのは時計好きに時計を贈ってはいけない事です、極端な話、相手が時計マニアだったら時計に関する知識は相手の方が数段上です、 自分が悩みに悩んで贈った時計でも喜んでくれるかわかりません。 これは時計以外にも言えます、相手が極端にハマっている物があったら、避けた方が無難かもしれません相手の土俵で勝負はしない方が良いです。

    趣味のものを選ぶなら「うわーすごい」という言葉が魔法の言葉に!

    男性は意外と趣味が狭いので、その分プレゼントもしやすいように思いますが実際のところその趣味の狭さが災いしてか変なこだわりやプライド持ってることが多く、 そこに関連してプレゼントを渡すと何もお前はわかっていないとか、実は俺これ持っているんだねとかなりかねません。 ところが男性がいちばん喜ぶものとしてはだれでも構わないのであれば、電化製品だと考えます。 学生ならば電子辞書や時計、大人になるならタブレットや音楽プレーヤー、もう少し大人になると テレビやブルーレイリコーダーなど電化製品をプレゼントすれば必ずと言っていいくらい喜んでもらえると思います。 その時に一言、プレゼント開けていちど動かしてみて欲しいなと言って実際動いてるところを見て「うわーすごい」と 女性が声をかければもう男性は必ずもらったプレゼントを最高に喜ぶものだと思います。結局は男性は女性が感動している姿がいちばん好きなのです。 ですので電化製品は女性は苦手という意識があるのでそれを自分が初めてでも動かせれると言うところ見せると最高に嬉しいものなのです。

    男性も言葉のクリスマスプレゼントを待っている!?

    贈り物には贈り手の感謝の気持ちがこもっています。 それを手渡せば、あなたの相手に対する気持ちを伝えることが出来るのです。 どんな種類の物を時間をかけて選んだでくれたか、どんな高価な物を頑張って買ってくれたかを、贈り物は相手に伝えてくれます。 照れくさい時などは特に、物を贈ることで気持ちを伝えるのは良い手段です。 しかし、物に語らせるだけではなく、改めて自分の気持ちを言葉にして、形のない贈り物をプレゼントとして添えることも良いと思います。 「結婚して下さい」、「婚約してください」等の大々的な宣言でなくても良いのです。「いつもありがとう」でも良いし、「これからもよろしく」でも良いのです。 恥ずかしがり屋である日本人は、言葉を贈ることに対して消極的です。 以心伝心こそがあるべき姿だというのも分かりますが、年末年始で日本人らしさは満喫するのですから、 クリスマスぐらいは西洋かぶれになって愛情を語るのも新鮮味があって素敵だと思います。

    女性必見!意外に高ポイントは色で選ぶ!

    贈り物には、その物の金銭的価値、その物を得るために払われた労力が現れます。 相手は高価な物を手間暇かけて用意してくれたことに感謝する面もあるでしょう。 しかし、贈り物として何を選んだかこそが、最も大事になってきます。その中でも、意外に簡単に相手を喜ばせることができるのが、贈り物の色です。 普段、好きな色の話をする人は余り多くはないと思われます。 しかし、相手のことをよく知る人であれば、日用品等にどのような色の物を多く持っているかについて、思い当たるところがあるはずです。 意識して特定の系統の色を選ぶ人もいれば、無意識のうちにある系統の色を集めてしまう人もいると思います。 そこで、贈り物を選ぶ際には、相手の好きな色を思い出し、渡す際には「あなたの好きな色で選んできた」と言って渡すのです。 そうすると、その贈り物にはプレゼントという非日常の価値のみならず、日常の関わり合いの積み重ねの価値が加わって、相手を喜ばせることができる物となるでしょう。




    メッセージカードでステキな演出を

    プレゼントに気持ちをこめたい

    クリスマスと言えばプレゼント、特にカップルがふたりで迎えるクリスマスともなると、プレゼントの交換というのも、ひとつの楽しみということになるでしょう。もちろん、プレゼントはそこまで力を入れないというカップルもいるかもしれませんが、中には壮大なスケールのサプライズをプレゼントに仕掛けるカップルもいるようです。

    もちろん、カップルでのプレゼントのやりとりというだけで、どこかくすぐったいようなうれしいような、何とも言えない気持ちになりますが、プレゼントというのはあくまでも物であるわけですから、見た目的には、どちらかといえば物をもらったからうれしいという図式に近いものがあるわけです。

    当然カップルでのプレゼントの交換に気持ちがこもっていないはずもないのですが、それでも、もっと形としてはっきりと見えるようにするためには、やはりことばが必要ということになります。プレゼントなしでことばだけをやり取りするのも気恥ずかしいでしょうから、プレゼントの力を借りて、普段なかなか伝えることができないことば(気持ち)を、このタイミングで伝えるというのも当然有効になるでしょう。

    では、そのための方法としては、どんな方法が考えられるでしょうか?

    王道はメッセージカード

    もちろんダイレクトに口伝えでことばを伝えるという方法もアリだとは思いますが、しかし日本人の場合、これがなかなかできるものではありません。できることなら、口伝え以外の何らかのツールやアイテムを用いて、気持ちを伝えたいというカップルは多いと思います。

    そんなときに有効なアイテムとなるのが、おそらくだれもが一度は使ったことがあると思われる、メッセージカードです。ずいぶん古くから多くの人に重宝されているアイテムですから、場合によっては古臭いと感じる人もいるかもしれませんが、しかし、それだけ長い歴史を生き抜いてきたということは、気持ちを伝えるためのツールとして非常に優れているということを意味しているわけですから、古臭かろうとなんだろうと、メッセージカードは、気持ちを相手に伝えるためのアイテムとしてはまさに王道ということになるでしょう。

    ここからはメッセージカードを利用するメリットについて、おさらいしていきたいと思います。

    メッセージカードを利用するメリット

    メッセージカードというのは、ことばを文字に起こして気持ちを相手に伝えるためのツールですから、非常にダイレクトな気持ちが伝わるというメリットがあります。やはりこの部分が、特にクリスマスのような一大イベントを迎えるカップルにとっては、非常に重要であるといえます。

    また、プレゼントに添えることで、プレゼントの見た目がとてもかわいらしくなったりする効果もあります。つまり、ヴィジュアルの面のメリットです。メッセージカードというのは、不思議なくらいプレゼントとの相性が良いアイテムなのです。これもまた、クリスマスを楽しい思い出にしたいカップルにとっては非常に重要であるといえるでしょう。

    さらに、ことばを口伝えで伝えるのももちろん悪くはないですが、ことばだけでは形にならないというのがひとつ残念な点であるといえます。しかしメッセージカードをクリスマスプレゼントに添えることで、そのときの気持ちがはっきりとした形として残るというメリットが生まれます。これは、カップルにとっては良い思い出になりますし、記念にも残るというのが非常に効果的です。

    このように、メッセージカードというのは、ヴィジュアルの面でアクセントを与えることによって、そのときの気持ちをより強いメッセージとして相手のこころに残すことができるという意味で、非常に有効なアイテムであるといえるのです。

    クリスマスカード

    メッセージカードというのは、クリスマスに限らずバースデーやウェディングなどのおめでたいイベントの際には必ずと言っていいほど登場します。上記のように、当然クリスマスもそのひとつのイベントであるといえます。

    ただ、クリスマスの場合は、一般的なメッセージカードではなく、クリスマス専用に特化されたクリスマスカードとして利用されることが多いです。まあメッセージカードでもクリスマスカードでもどちらでもかまわないのですが、クリスマス向けのデザインが施されることが多いクリスマスカードをメッセージカードとして採用するというのも十分ポピュラーであるといえるでしょう。

    クリスマスカードやメッセージカードは、もちろん別途購入してもよいですが、クリスマスプレゼントを購入する際に、お店のスタッフの方からクリスマスカード/メッセージカードは必要ですか?といったことを訊かれる場合がありますので、せっかくの機会ですから、ぜひこのサービスを利用していただきたいと思います。

    また、クリスマスカード/メッセージカードを別途購入するのは、たとえば子供会など、大勢の相手にプレゼントを贈る際には有効な方法であるといえるでしょう。

    ↑ PAGE TOP