クリスマスプレゼントとしてのピアスの是非

クリスマスにジュエリー、アクセサリーにピアスは危険?

指輪と違ってサイズを選ばなくていいのですが無くしやすいという特性があります。

なくしやすいピアスをどうとらえるか

彼女に贈るクリスマスプレゼントはアクセサリーの人気が高い

カップルにとっては、もしかしたら1年でも一番の盛り上がりを感じることになるのではないかという気もするのが、クリスマスということになります。クリスマスには、カップル間でクリスマスプレゼントの交換が行われるケースも多いということは、すでにみなさんもご存知のところだと思います。

女性はそういったセンスに優れた人が多いですが、男性はあまり得意としないイベントだったりするのかもしれません。もちろん彼女のほうはそのことがよくわかっていますから、彼氏のプレゼント選びに力を貸してくれたりして、そういうところでまたカップルの絆が深まったりもするわけですが、もし彼女の手を借りずに、すべて自分の力でプレゼント選びをしたいと考えている男性がいたとしても、やはり、彼女に贈るクリスマスプレゼントとしてアクセサリーを選べば、大きな失敗はしないだろうという想像はできると思います。

実際、彼女に贈るクリスマスプレゼントとしては、アクセサリーが選ばれるケースが多いです。クリスマスプレゼントとしてのアクセサリーは、間違いなく人気No1といえます。ただ、アクセサリーにはあまりにも種類が多いですから、アクセサリーというカテゴリ自体の人気は確かに高いですが、リングはどうか、ネックレスはどうかという具合に、個々に見ていったときには、アクセサリー全体の人気が分散された形で数値化されることになります。

そうやって見ていくと、同じアクセサリーであることには違いないとは言え、とてもクリスマスプレゼントとして人気が高いとは言えないデータとして数値化されてしまうアイテムも、いくつか思い浮かびます。いわば、微妙なクリスマスプレゼントということにでもなるのでしょうか。

そうしたアイテムのひとつに、ピアスが挙げられます。もちろん、女性からすれば、ピアスをもらえばうれしいと思うはずです。ただ、男性のほうが、彼女へのプレゼントとしてピアスを選びたがらないという側面も、実はあるのです。

男性が彼女にピアスをプレゼントしたがらない理由

あまり彼女や女性にプレゼントをした経験がないという男性の場合、はじめてプレゼントするアクセサリーとしてピアスをチョイスすること自体にそれほど抵抗を感じないようですが、これまでに何度か彼女にプレゼントを贈った経験があるという男性の場合、意外とピアスをチョイスするのには抵抗があるという男性は多いと言われます。

その理由は、ピアスは女性がなくしてしまうことが多いアクセサリーとして代表的なアイテムだからです。まあピアスにもいろいろな種類やデザインがありますので、一概には言えないのかもしれませんが、おそらく一般的な認識からすれば、ピアスというのは非常に小さいものが多いように思います。とすると、確かになくしやすいのではないか・・・という危うさをもったアイテムでもあるといえるはずです。

実際女性の中には、自分で買ったものにしろ、だれかからプレゼントしてもらったものにしろ、ピアスをなくしてしまったという経験を持っている女性もいるのではないでしょうか。男性からすると、やはり自分がクリスマスプレゼントとして贈ったものである以上、それがどんなものであっても、大事にしてもらいたいという気持ちは強くなるはずです。大事にされている感じはなくても、少なくともなくされてしまうというのは、男性にとってはかなり悲しいことであるように思うはずです。

プレゼントしたピアスをなくされてしまった経験がある男性も多い

ピアスを彼女にプレゼントしたものの、なくされてしまったという経験がある男性も少なくないようです。あまりクリスマスプレゼントとしてピアスを選びたがらない男性が多いというのは、過去のそうした悲しい経験が生かされた結果なのかもしれません。

彼女からリクエストされでもしない限り、そういう悲しい経験をお持ちの男性は、自分から進んで彼女にピアスをプレゼントするという発想は封印することでしょう。何しろ、ピアス以外のアクセサリーはいくらでもあるのですから。無理してピアスを贈る必要はないのです。

男としての器量の大きさを示す!?

ただ、ピアスが好きという女性も実際のところ多いです。ピアスのコレクターを自認する女性さえ少なくありません。ですから、男性からクリスマスプレゼントとしてピアスを贈られれば、内心はかなりうれしいというのが多くの女性にとっての本音なのではないでしょうか。

ただ、もし彼氏からプレゼントしてもらったピアスをなくしてしまったという苦い経験を持っている女性からすると、彼氏の前ではあまりピアスの話はしたくないといった負い目を感じることになると思います。彼氏も顔にこそ出さないけれど、きっと怒っているだろうな・・・というふうに、小さな傷を胸に刻む女性も少なくないでしょう。

実はそんなとき、男性としては、男の器量の大きさを彼女の前に示すチャンスであるとも言えるのです。つまりどういうことかというと、一度なくしてしまったピアスを、あえてもう一度プレゼントしてあげたりすると、きっと彼女は驚くでしょうし、また、感動もするのではないでしょうか。

もちろん、彼女自身があまり喜んでいるふうではなかった場合には、そんなことをする必要はありませんが、ただ、前にプレゼントしてあげたピアスをとても喜んでくれていたのなら、仮に彼女が過失でそのピアスをなくしてしまっていたとしても、あえてもう一度同じピアスをクリスマスプレゼントとして贈ってあげるという考え方もアリなのではないか、という気がします。

サプライズのファクターもありますし、男の器量の大きさを示すこともできるかもしれませんし、おそらく何らかのピアス効果が見込まれるのではないでしょうか。

↑ PAGE TOP