クリスマスプレゼント体験記 彼が泣きそうになるほど…

クリスマスってなんでこんなに街中キラキラでイルミネーションがきれいでお店の飾りもわくわくしちゃうのでしょう。

恋人同志にも嬉しいクリスマス時期。悩むのがプレゼントですよね。

相手に喜ばれるものは何か、彼氏や彼女のことを思いうかべながらプレゼントを選ぶのは本当にドキドキですね。

私にとっての「クリスマスプレゼント」で思い浮かぶ思いではやっぱりはじめて付き合って人へのプレゼントです。

付き合って初めてのクリスマス。 当時10代の若い私は何をプレゼントするか悩む日々、ほしがっていたアクセサリーは決定として他に何かと思って恋人の定番、手編みのマフラーを思いつきました。 なれない編み棒をもって毎日せっせと編みました。

今でこそ手編みのマフラーなんてとても重たーいプレゼントをよく思いついたなぁとぞっとしますが当時は若さもありました。

母に教わりながら編み上げたシンプルなマフラー。少し曲がっている部分もあるけれどそれだって愛情、、なんて思いながらクリスマス当日雪の舞う公園でプレセントしたなぁなんてぼんやり思いだします。

泣きそうになりながら喜んでくれた彼氏の笑顔が思いだされるけれど今となっては淡い淡い思いでです。

恋人同士のクリスマスプレゼント交換はきっと今年もいろいろなドラマが生まれていくんだろうなぁ。でもお互いが笑顔になり気持ちが伝わりあうそんな素敵なクリスマスになってほしいですね。

プレゼントは金額でも大きさでもなく「気持ち」が何より大事だといつまでも思っていたい私です。

ゆずゆさん 女性:30代

クリスマスプレゼント 彼氏へ手編みマフラー