クリスマスプレゼント体験記 クリスマスに緊張しすぎて…

彼氏と初めて迎えたクリスマスのことです。 お互いの誕生日が近く、偶然、その誕生日を過ぎてから付き合いだしたこともあって、特に大きなイベントがありませんでした。

そんな二人にとって、クリスマスは初めて二人で過ごす一大イベントです。 私は、こっそりデートの度に彼氏の言動や見るもの、好みをチェックしていました。

実は彼、私にとって初めての彼氏です。なのでとても大切なイベントだと気持ちは張り切るのですが、どうにも良いものが浮かばないのです。

ファッション的なものは好みがあるし、必要ないものあげても・・・と悩みに悩んで、私が決めたのはライターでした。 彼は喫煙者なのですが、お洒落なのに何故かライターだけは100円ライターだったので、某有名ライターをプレゼントしようと決めました。

もちろん、手入れが面倒だと言われて使ってもらえないかもしれない不安はありましたが、その時考えられる範囲では一番実用的で好みで使える使えないというのがないものだと思ったのです。

デザインはちょっと派手目の赤いものにしました。

クリスマスデートの当日、ライターと、お手入れ用品をセットにし、小さな箱をカバンの奥にしまいました。 いつ、どのタイミングで渡せば良いか全然わからず、デート中そればっかりがきになって気もそぞろでした。

どうやら彼も私がデートに集中していないことに気づいていたらしく、都内某所のイルミネーションの中、二人で手を繋いで歩いているときにおもむろに聞かれてしまいました。「デート、楽しくない?」と。

彼氏をそんな気持ちにしてしまったことが申し訳なくて、私は泣きそうになりながら、道の端っこでプレゼントを突き出してしまいました。 今思い返しても色気がカケラもないのですが、その時はもう必死でした。

回らない口で、クリスマスをとても楽しみにしていたこと、初めてプレゼントを渡すのにどのタイミングで渡すのかわからずに考えてしまっていたことを伝えました。

彼氏は最初、きょとんとしていましたが、ふいに笑っていつもは人前で絶対しないのに強く抱きしめてくれたのです。 それが最高のクリスマスプレゼントでした。

「オレも初めてってことに気づいてあげられなくてごめん」という言葉と共に彼氏がカバンから取り出し、差し出してくれたのはおそろいの指輪でした。 「実はオレも、初めて指輪渡すから色々不安だった」と言ってくれ、二人にとって初めてだらけの、忘れられないクリスマスになりました。 それが、二年前のことです。

S.J.さん 女性:20代

クリスマスプレゼント おしゃれな彼氏へ