クリスマスプレゼント体験記 ヘビロテして欲しいから…

私は大好きな彼のクリスマスプレゼントは、いつもお洋服を選んであげています。 彼は自分でお洋服を選ぶのが苦手なので、私がかっこいいお洋服を毎年クリスマスにプレゼントしてあげるととても喜んでくれます。

昨年は、グレー地にブラックのダイヤ柄のカーディガンをプレゼントしました。 彼はこのプレゼントの包みを開けた瞬間に、顔がぱぁっと明るくなって、こんなおしゃれなカーディガンをビジネス用に欲しかったんだ、と言って大変喜んでくれました。 これはオン、オフ問わずに着れるので、大変重宝してヘビーローテーションで着まわしながら活用してもらっています。

どうせ贈るのなら、フル活用してもらえそうな使いやすい物でおしゃれなデザインの物を贈るといいみたいです。 彼も自分で買った物よりは、プレゼントしてもらった物のほうが愛着があるようです。

お仕事の時でも平凡な無地のカーディガンよりは、デザイン性の高いおしゃれな物を身につけるほうが、いつもよりは仕事に気合が入るそうです。

彼はスポーツをしているので、たまに体重の変化でサイズがLからMに変わるので、きちんと前もって今体重がどのくらいかというのをリサーチしておくと、プレゼントした後にサイズが合わないで着れないといったトラブルも防ぐ事ができます。

彼いわく、冬場のオフィスで肌寒い時に私が贈ったカーディガンを着ると、心も体もほっかほかに温まるそうです。 彼の喜ぶ顔がみたいから、クリスマスプレゼントは少々奮発してもできるだけいい物を選びたいです。

猫ダンサーさん 女性:40代

クリスマスプレゼント 社会人 彼氏へ